かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

日本の電化製品の企業"富士通”、パソコン事業の主導権を中国レノボに!

中国のレノボが、富士通のPC事業を傘下に収めるそうです。

富士通は、中国・台湾の伸びを見て、単独では難しいと踏んだんですね。

 

僕自身、以前は富士通のデスクトップPCを使用しており、

現在は、レノボタブレットを使用しております。

 

富士通のPCは重くなりがち?

 

自分が富士通のPCを使っていた頃、

PCがまぁ~遅い!

 

色々と調べてみると、富士通のPCは初めから様々なソフトが入っており、重くなりやすかったそうです。

 

そうです。"サービス過多”です。

日本にありがちなパターン。過剰包装みたいなやつです。

 

色々とできるのはいいのですが、それらを100%利用できるている人間なんているのか?

しかも、その所為で他のパフォーマンスを殺すことになるなんて言語道断!

 

一方、レノボタブレットは?

はっきり言って、サービスはよくないです。

 

ですが、その分、価格が激安です!

自分は購入店舗のキャンペーンもあってですが、価格は約2万円で購入しました。

 

でも、充電器は専用で代用品なし。オプションは現地から取り寄せで、手続きがかなり手間、時間もかなりかかる。

しかも、もう2年は使っていますが、もう限界が近い使用感…

 

自分としては、2万円だったので、1年1万円で償却できたのなら、御の字と言ったところ。

 

レノボマーケティングって?

 

マーケティングにおいて市場を獲得する手段としては、大きく2点。

 

  • コストリーダーシップの獲得

f:id:kyohei-yaa:20161006093721j:plain

 

これは市場を大きく獲り、そのモノの値段の主導権を得ること。

PCだとマイクロソフトでしょうかね?

アップルは、この戦略とは少し違うと思いますから、詳しくないですが、、

 

その市場に新参者が切り込んできた場合、コストリーダーシップを持っていたら、

「おらぁ~!値下げじゃいい!!」

と、キャンペーンでも打ってやるわけです。

 

すると、新参者は規模が大きくないので、体力がなくなり沈んでいきます。

生き残るのは、コストリーダーシップを持っている企業です。

"薄利多売”ってやつですね!

 

 

  • 差別化!!

f:id:kyohei-yaa:20161006094747j:plain  お気づきですか?

 

差別化はお分かりの通り、

"他にはないっ!!”

と、いうこと。ズバリ、オリジナルです!

 

そうしたら。いくらコストリーダーシップを持っていようが意味がないわけです。

 

レノボはこれを"激安”という差別化を図ったんですね。

その分、質は落としてますが、結果オーライです。

 

むしろ、サービスの質を高め過ぎて、結果としてPCが重くなるなど弊害までだしてしまったのが富士通です。

 

つまり、市場が求めていたのが"質”ではなく、"価格”だったわけです。

 

 

市場が求めるモノとは?

 

日本企業に多いのが"値下げ”という差別化。

なぜ、多いのか?

 

それはレノボ富士通の例を見たらわかると思います。

結果として、レノボの戦略が当たってますよね!

 

じゃ、富士通はなぜ負けたか?答えはかんたんです。

市場が何を求めているかなんて誰も知らないんです。

 

でも、低価格で差別化を図るとすると、

誰だって安いほうがいい!!

に決まってます。

 

その"安い”という購買意欲を超える"何か”を探すことは困難を極めます。

それがイノベーションですね!

 

投資をするにも、こう言ったところも見たいですよね?

企業分析のポイントの一つですね!

経済のお勉強っておもしろですよね!!

 

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

お金ってなんだっけ?~かんたん投資セミナー その2.1

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ