かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

知っとこ相続税(^^♪ パート10!「保険金♪ 何!財産だからよこせだと?フフ…これは私のモノだ!!」

シリーズ!かんたん相続税解説です♪

続々と解説していきましょ!

 

今回は“保険金”について、少し掘り下げましょ♪

おそらく、ビックリするほどのお得情報だと思いますよ。

…すいません。ハードル上げ過ぎました、、、

 

そもそも、保険金って?

詳しく知らんでもOK!

という方はトばしてもOK!!

 

ちょっとテクニカルに書きますね。

『契約』とは大きく2種類あります。*1

・典型契約

 これは狭義には、民法に定める13種類の契約のこと。

 広義には、それ以外の法律で定める9種類の契約を含めたもののことです。

 

・非典型契約

 これは典型契約以外の契約のことです。

 

あれっ? ってなりません?

法律で定められてない契約なんて無効だろ! って

 

それは、そもそも契約自由の原則*2があるからなんです。

ちゃんと法源もありますよ。

 

こちらは、最高法規である憲法です!

憲法13条 個人の尊重

憲法29条 財産権

これらから求められる概念があるから、どんな契約であっても成立するんですね。

 

ただ、公序良俗違反(民法90条)などで、無効や取消しなどもあり、

すべてが成立するわけでもないですけどね。

愛人契約や殺人契約などが、その典型ですね。

 

じゃ、保険契約は? というと、商法から取り出された保険法があります。

特に、生命保険契約については、保険法2条1項8号に規定があります。

 

つまり、広義の典型契約ですね!

 

やっと本題! 保険金は誰のもの?

 早速ですが、保険金って誰の財産だと思います?

答えをいうと、相続人の固有の財産です!

 

つまり、遺産分割の範囲外ということ。

保険金は相続人さん、あなたの財産ですよ! 

 

でも、相続税の対象とはなるので、あしからず…

おいしい話だけとはいきません。

でも、いい話ですよね?

 

親族関係でもめそうだ!

という方、この方法ならもめることなく

財産をいただけるというわけですよ! うまうま♪

 

ただ、これについては、実は法源はありません!

これは最高裁判例からくる判例法”に基づくものです。

 

法律は万能ではありません。穴が必ずあります。

なので、その判断を裁判所で下すのです。

 

そうすると、その判断は、後の裁判の判断材料にもなる!

といゆこと。これが俗に判例法といいます。

 

ちなみに、この保険金に関しての判例は、

最高裁 第三小法廷 昭和40年2月2日判決*3判例法となっとります。

 

ただ…

最高裁 第二小法廷 平成16年10月29日(民集58巻7号1979頁)

では、なんとひっくり返り、相続財産に入れなさい!*4

と、判決されており、ケースバイケースというこもあるのでご注意を!!

 

でも、知っておけば、おいしい情報ですよ!

 

 

一応、相続税法のリンク載せときますね!

相続税法

…誰か見るねん! って話ですけど、、、

 

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

お金ってなんだっけ?~かんたん投資セミナー その2.1

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ