かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

知っとこ相続税(^^♪ パート11!「すんまへん!返せまへん!え?もうええって!やった♪ 何?税金?」

シリーズ!かんたん相続税解説です♪

続々と解説していきましょ!

 

借金を返さなくてもいいよ!

うれしいことこの上ないでしょう!!

 

でも、場合によっては税金が発生します!

気を付けてくださいね。

 

債務免除?(相続税法8条)

そのままです。

お金を貸して、返さなくていいよ♪ 代わりに返してやるよ♪

となれば、お金をタダで渡したと同じですよね?

 

これが、生前に行われれば贈与税

死亡と共に行われれば相続税

の対象となるわけです。

 

他にも同じようなものが対象になったりするものもあります。

 

低額譲渡?(相続税法7条)

これもそのままなんですけどね。

本来の値段よりも安くあげてしまった場合のことです。

 

これは、100万円の資産を50万円で渡し、

もらった方が100万円で売れば、実質50万円無税で渡せてしまう。

 

これでは贈与税の意味がないですよね?

これも贈与税なのか、相続税なのかは同じです。

 

経済的利益?(相続税法9条)

あんまり聞かないでしょうか?

カッコよくいうと“フリンジ・ベネフィット”*1

 

ヨコ文字ですよ! カッコイイでしょ(^^♪

ただ、フリンジ・ベネフィットは企業からの経済的利益を主に言うんですけどね。

 

内容は、タダで何かやってあげることです。

これも本来お金を払わなければいけないところ、払ってないので、

実質無税の贈与と同じということ。

 

これも贈与税なのか、相続税なのかは同じです。

 

でも…金、ないねん!(相続税法7条、8条、9条)

すべての場合に債務者が、

「金が無さ過ぎて、首が回らん…」

 

となったときに、扶養義務者から施しを受けた場合は、

対象とはなりません。

 

さらに、債務免除については、扶養義務者以外でもOKです!

 

贈与税ってめんどうですね!

 

 

一応、相続税法のリンク載せときますね!

相続税法

…誰か見るねん! って話ですけど、、、

 

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

お金ってなんだっけ?~かんたん投資セミナー その2.1

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ