読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

知っとこ相続税(^^♪ パート15!「借金も受け負ったけど…何!相続税が安くなる!葬式費用まで!?」

シリーズ!かんたん相続税解説です♪

続々と解説していきましょ!

 

以前のブログで“債務”について書きました。

↓ご参考に♪

www.kantankeizai-kumaburogu.com

債務はただ受け負うわけじゃないですよ。

ちゃんと相続税で考慮されますから!

 

債務控除(相続税法13条)

これは、

「相続した財産の価額から債務の金額を差し引いて相続税を計算しますよ!」

ってことです。

 

ただ、以前にご紹介した“納税義務者”の種類によって少々違います。

↓以前のブログです♪

www.kantankeizai-kumaburogu.com

 

§ 無制限納税義務者(すべての財産が対象の方)

 

これらに方は、

・亡くなった方の債務

・葬式費用

が控除できるのです。

 

なんと、葬式費用は債務ではないですが、

債務としてみてくれます! うれしいことですね♪

 

§ 制限納税義務者(一部の財産が対象の方)

 

これらの方は、基本的に

相続する財産に関係のある債務

だけが対象となります。

 

つまり、それ以外の債務を承継した場合、

債務の返済損となってしまいます。

ご注意を!!

 

 

どんな債務が引けるの?

基本的には債務であれば引けます。

その亡くなったときに確実な債務であればOK(相続税法14条1項)

 

さらに、亡くなった方の租税公課もOKです!(相続税法14条2項)

租税公課とは、税金のことです。

 

生前に納税しなければいけなかっった税金や

亡くなって納付することとなった税金などですね。

 

逆に引けない債務もあります。

以前にご紹介した「相続税の非課税」

↓ご参考に♪

www.kantankeizai-kumaburogu.com

 

これのうち、

墓所、祭礼具(相続税法12条1項2号)

・公益を目的のためになるもの(相続税法12条1項3号)

これらのためにこさえた債務は、対象外となるのでご注意を!!

 

これはあまりないかと思うので、余談程度ですね。

 

 

 

一応、相続税法のリンク載せときますね!

相続税法

…誰か見るねん! って話ですけど、、、

ついでに、民法も…

民法

これこそ、見ないか、、、

 

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

お金ってなんだっけ?~かんたん投資セミナー その2.1

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ