読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

知っとこ相続税(^^♪ パート19!「相続税の控除ってどんなものがあるの?その3」

シリーズ!かんたん相続税解説です♪

続々と解説していきましょ!

 

前回の続きでございます!⇓

www.kantankeizai-kumaburogu.com

ごゆるりと見てきましょ♪

 

相続税の控除の一覧は前回のブログを参考にしていただくとして、

早速、ひとつひとつ見てきましょう!

 

・相次相続控除(相続税法20条)

これは、前回の相続今回の相続の間が10年以内であれば控除できます。

どうゆうこと? ってとこですが、

 

相続が立て続けにあると、相続税の負担が人より大きくなるので、

その不公平をなくすための規定です!

 

じゃ、その控除額は? 相続税が安くなる!

これだけ覚えておけばOKです。

 

なぜかというと、計算がかなり複雑なんです。

計算式を一応載せると…

 

A×C/B-A(>100/100 ∴100/100)×D/C×10-E/10

こんな感じで。AやらBやらに何か代入していくわけです。

興味がある方は、法律を当たりましょう!

 

さらに、この規定は、基本的に相続にしか適用がないです。

遺贈はNG。相続人に対する遺贈ならOKですけど。

 

…相続、遺贈、贈与の説明ってしないですよね?

これも、また別の機会に解説をば♪

 

 

・外国税額控除(相続税法20条の2)

やっと最後のご紹介。

これはかんたんにで結構だと思います。

 

なぜかって? 外国の財産を持つことは現在では珍しいからです。

買ったら確認しましょ♪

 

と、言っても、内容もかんたんで、

外国で相続税みたいな税金を払ったら、その分、控除します!

というものです。

 

難しくいうと、国際的二重課税の防止ってやつです。

別の国で相続税払ったんだから、考慮しましょ!

ってことです。

 

まぁ、外国の相続税は、それもなくなる方向性なんですけどね。

日本はその点には、頑なな態度ですので…

 

ちなみに、この外国税額控除は贈与税にもあるので、

そちらでも、外国の贈与税的なものがあれば使えますよ!(相続税法21条の8)

 

むすびとして…

見ていて、お気付きかとは思いますが、

相続税の対策として何か使えるか?といわれれば、

 

控除としては、使うべきものですが、

狙って減らせるようなものでもないわけです。

 

お勉強程度に知っておくのも悪くはないですね♪

 

 

 

一応、相続税法のリンク載せときますね!

相続税法

…誰か見るねん! って話ですけど、、、

ついでに、民法も…

民法

これこそ、見ないか、、、

 

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

お金ってなんだっけ?~かんたん投資セミナー その2.1

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ