かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

知っとこ相続税(^^♪ パート22!「憲法改正!?そもそも法律って何んなんだ?」

シリーズ!かんたん相続税解説です♪

続々と解説していきましょ!

 

今日はちょっと外れて『法律』のお話し

憲法改正の話が出ているので、そもそもの理解をしときましょ♪

 

まず“六法”って?*1

中身をご存知ですか? 結構知っている方、多いですよね。

一応、確認しときましょ♪

以上が“六法”の中身です!

 

この『憲法』が日本の最高法規です!

その他の5法“一般法”といいます。

 

お分かりの通り、強さの関係性は、

憲法 > 一般法 となってます!

 

ってことは、憲法改正がどれだけ重要なのか?

わかりますよね。すべての法律の源泉なのです。

 

一般法が憲法に沿わないとなれば、

すぐに是正がされなければならないのです。

 

あれ? じゃ、相続税法とかは?

そうですよね。法律って、現在2,000ほどあるそうです。

条例も含めると、8,000ほどだそう。有名なK弁護士がTVで言ってました。

 

そうすると、これらとの関係性は?

ってなりますよね?

 

これらの法律、なぜできたのでしょう?

それは、一般法では対応できないからできたんです。

 

どうゆうことかというと、

相続税を例にしましょう。

 

今までのシリーズを見てくれている方はお分かりかと思いますが、

相続税の話なのに、民法がちょこちょこ出てきます。

 

それは、そもそも“相続”というものは民法で定められていて、

相続税の徴収のための、その他細かな対応を相続税法で定めているからなのです。

 

つまり、一般法では足りないから、その他の法律を作った。

というわけです。

 

これら作られた法律を“特別法”*2といいます。

 じゃ、力関係はというと、

 

憲法 > 特別法 > 一般法 となります。

結構、特別法と一般法が逆になるんじゃないの?

って思われるで方が多いのですが、

 

特別法は、一般法では足りないから特別に作ったものです。

これが優先されなければ、なぜ特別法をわざわざ作ったの?

って話になりますよね?

 

さらに、“条例”*3

これは、都道府県、市町村で作られた法律です。

 

これらは、法律に比べて、遥かに民意が少ないですよね?

なので、当然、 

 憲法 > 特別法 > 一般法 > 条例 となります。

 

さらにさらに、"条約”*4もありますよね?

これは、国と国のお約束ですよね。

 

これは日本では済まない話になるので、

条例 > 憲法 > 特別法 > 一般法 > 条例

 何より、優先されます。 ちなみに、アメリカは自国の法律が優先です、、、

 

最後に、同じ強さの法律が戦った場合、

勝つのは、より後に出来た法律です。

 

後に出来た法律の方が現状に即した法律のはずですよね。

故に、後に出来た法律が優先されます。

 

今日は相続から離れましたが、

憲法についての理解は深めた方がいいですよね?

 

 

一応、相続税法のリンク載せときますね!

相続税法

…誰か見るねん! って話ですけど、、、

ついでに、民法も…

民法

これこそ、見ないか、、、

 

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

お金ってなんだっけ?~かんたん投資セミナー その2.1

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ