かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

日本の社会保障の現状。医療費などは大丈夫?日本人には社会保障の自覚があるのか?

今日の日経の朝刊の一面。

大きく今後の社会保障についてでした。

 

社会保障費の膨張が止まらない。

2030年には高齢者1人を1.65人で支える計算です!

 

⇓セミナーもやってますので、よろしくお願いいたします(^^♪

幸福の4の柱 ~仕事・お金・健康・精神~

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

現状ってどないやねん?

 

日経に事例が載っていました。

享年80歳の男性の事例です。

 

弁膜症という病気を患い手術。

術後の経過が悪く感染症を繰り返しました。

 

出てきた明細に載った医療機関はなんと

70以上もの名前が並びました。

 

3年半で費やした医療費は、約7,400万円

そのうち自己負担額は、約190万円

 

自己負担割合にして、約2.6%

ほかの97.4%はどうなっているかといえば、

 

・現役世代が支払った健康保険料

社会保障に充てた税金

 

今回の例示だけでも負担合計額は、

約7,210万円ですね。

 

現代であれば、これで

土地付きで家でも買えるでしょう。

 

社会保障費の試算では、2030年には約50兆円増え、

約170兆円になるそうです。

 

現状で年間に1人当たり100万円以上の医療費を費やす市町村は、

347市町村あります!

 

すると、そこから推計される医療費は、

約14兆円です!

 

何度も言いますが、

これが現状ですよ!! 

 

この数字を目の当たりにして、

危機感が足りないと思うの、私だけでしょうか?

 

 

 

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

解決は社会保障費を賄うこと?

 

社会保障費の膨張は止められない!

消費税を増税だ!!

 

これで社会保障費が賄えれば、

“とりあえず”御の字だ!

 

…ホントにそうですか?

焼け石に水ではないですか?

 

仮にそれが最善であったとしましょう。

すると、医療費などは膨張が続くわけです。

 

そうなれば、経済市場はどうなりますか?

それに伴って膨らむでしょうか?

GDPは大きくなりますか?

 

おそらく、ならないでしょう。

現役世代がそもそも少なくなっているわけですし、

 

そうなると、経済市場というパイの大きさは変わらない。

つまり、経済市場が医療に食われます!

 

医者関連ばかりが儲かり、

仕事のバランスに支障をきたすでしょう。

 

その場合に、望んだ税収健康保険料は期待できますか?

ハッキリ言って難しいでしょう!

 

となれば、現状やるべきことは、

できる限り社会保障費をに近づけることです。

 

それには、国の行う“焼きつけ刀”の政策では足りません。

そこへ向かう“民意”がなければ変わりません。

 

変えるべきは、“対処”する医療から、

“予防”するという文化の変革です!

 

 

 

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

なんと!リラックマの年賀状があるんです!

ご用意はできてますか?

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

幸福の4の柱 ~仕事・お金・健康・精神~

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ