かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

働き方、労働環境、派遣にパート、騒がれるけど、そもそもってわかってます?

政府は20日に『同一労働同一賃金』のガイドラインを示しました。

非正規社員の処遇改善のためです。

 

ここで、そもそもですが、

『雇用』ってなんだと思います?

 

⇓セミナーもやってますので、よろしくお願いいたします(^^♪

幸福の4の柱 ~仕事・お金・健康・精神~

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

とりあえずガイドラインは?

 

とりあえず、サラっと

ポイントを押さえましょ♪

 

§ 基本給

『経験・能力』『成果』『勤務年数』の3要素で評価すること

 

§ 賞与

正社員、非正規社員であろうと、『貢献度』に応じた額を払うこと

 

§ 手当など

通勤費、出張手当、などは、正社員、非正規社員であろうと同一にすること

 

こんな感じです。

とにかく、『同一に!』ってことです。

 

このガイドラインも政府が作成するは

なんと初めてのことです。

 

その先には関連法の改正など

目論んでいるわけです。

 

って、ことは、このガイドラインには、

強制力は当然にない!

 

やってください!

という“お願い”に過ぎない。

 

 

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

基準にある『貢献度』って怖くない?

 

ボーナスって査定あるじゃん。

一般的になってますよね?

 

でも、そもそも雇用契約

って何なんでしょう?

 

民法623条

雇用は、当事者の一方が相手方に対して労働に従事することを約し、相手方がこれに対してその報酬を与えることを約することによって、その効力を生ずる。

 

 

この契約のことですね。

じゃ、契約なら『労働に従事すること』でいいってこと?

 

いいんです!それがむしろ正解です。

じゃ、『労働に従事すること』って何か?

 

これは、『拘束時間』のことです。

つまり…

 

会社は、雇用契約“報酬”を支払います。

社員はその対価として、“時間”を提供しているのです。

 

ここで大切なことは、

成果は対価ではない!ということです。

 

能力給などある場合、そこには必ず、

基本給があるはずです。

 

それは最低限を守っていれば問題ありません。

これは労働法の範疇だと思います。私は詳しくないです…

 

でも、“成果”がないと困るものもあります。

家などは、時間だけ提供されて、

 

『できませんでした!でも、お金下さい!

こんなおかしな話はないですよね?

 

この場合は『請負契約』となります。

 

民法632条

請負は、当事者の一方がある仕事を完成することを約し、相手方がその仕事の結果に対してその報酬を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

 

 

要するに、成果に関しては、

法律的にも、しっかりと住み分けがされているわけです。

 

なので、まずないとは思いますが、

このガイドラインによって、

 

正社員と非正規社員のものさしは

『貢献度』=『成果』だ!となるとコワイのです。 

 

会社の生産効率が悪いのは、

社員が成果を上げていないのではなく、

 

会社が社員のマネジメントをできていない!

ということです。履き違える方が多くいるように感じます。

 

それか、そもそもの事業に収益性がないかですね。

その場合は、イノーベションしましょ♪

 

今回のガイドラインで、

どう意識が変わるのか?気になりますね。

 

 

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

なんと!リラックマの年賀状があるんです!

ご用意はできてますか?

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

幸福の4の柱 ~仕事・お金・健康・精神~

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ