かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

知っとこ相続税(^^♪ パート28!「状況が変わった!?修正申告…えっ期限後申告?」

シリーズ!かんたん相続税解説です♪

続々と解説していきましょ!

 

かなり久しくやっております相続制解説。

いつぶりなのかもわからない…

 

⇓セミナーもやってますので、よろしくお願いいたします(^^♪

幸福の4の柱 ~仕事・お金・健康・精神~

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

修正申告書(相続税法31条)

 

あっ!! 計算間違えた!

おい! 遺言書が出て来たぞ!!

 

こんな場合には、一度ちゃんと計算したとしても、

今までの税額などなどが違ってくるわけです。

 

ほかにも事由はたくさんありますが、

難しくなるので、かんたんに、

 

どういった場合に、

“修正申告”となるのか?

 

ズバリ、

以前申告した金額に変更があった場合です!

 

間違いも含めて、やむを得ず変更があることがあるのです。

そんなときに、一度申告して、

 

ほかっておいて、税務署がちらっと来でもしたら、

追徴課税となるよってことです。

 

ちなみに、修正申告は、

納めないといけない税金の金額が、

 

増えた場合ですからね!

減ってしまったら、“更正の請求”(相続税法32条)となります。

 

税務署というものは、

もらうモノはチャッカリ受け取り。

 

還すとなると、

一度、申請があってから、検討して還します!

という姿勢なのです。 

 

ちなみに、『納め過ぎですよ!』

というアナウンスは基本的にはありませんので、

あしからず…

 

 

 

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

期限後申告(相続税法30条)

 

じゃ、期限後申告って何やねん!

ってなりますよね?

 

追加の支払は“修正申告”

還付の請求は“更正の請求”

 

もう事足りてそうですよね?

でも、そうでもないのです。

 

修正申告の対象の方は、

“既に申告された方”なのです。

 

どうゆうこと?ってなります?

つまり、申告しなかった方のためのものが、

『期限後申告』なのです!

 

要するに、相続があっても、

納めるべき税金がなかった方です。

それでも申告しないといけない方はいますがね…

 

つまりは…

 

既に申告した方は、

既存の数字を“修正”しないといけないので、

『修正申告』

 

新たに申告しないといけなくなった方は、

申告“期限”“後”に申告しないといけないので、

『期限後申告』

 

…別にどっちでもよくない?

って思いますか?

 

正直、私も統一してしまえば、

こんな細かくする必要はないと思います。

 

でも、難しくして混乱たらしめるのが、

国の仕事でもあるのです…

 

 

 

一応、相続税法のリンク載せときますね!

相続税法

…誰か見るねん! って話ですけど、、、

ついでに、民法も…

民法

これこそ、見ないか、、、

 

 

日経講読で経済・社会をチェックしましょ♪

www.nikkei.com

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

なんと!リラックマの年賀状があるんです!

ご用意はできてますか?

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

幸福の4の柱 ~仕事・お金・健康・精神~

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ