かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

配達を効率化! 宅配ボックスに補助金を! これで人手不足は解決か?

昨今、ネット通販の普及により人手不足が深刻に。

その解決策に!との案ですね。

 

IoTの流れもありますが、

喫緊の手当ては必要なわけですよね。

 

⇓セミナーもやってますので、よろしくお願いいたします(^^♪

幸福の4の柱 ~仕事・お金・健康・精神~

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

宅配ボックス

 

そもそも『宅配ボックス』とは?

 

宅配ボックス - Wikipedia

宅配ボックス(たくはいボックス、英語: delivery locker)は、受取人が留守のときに宅配便や郵便物の受取を代行するロッカー型設備である。留守でも荷物を受け取れるため、平日は帰宅が遅くて宅配物を受け取るのが困難な人や、インターネット通販をよく利用する人にニーズが高まっている。近年は特にマンションの共用設備として新築物件で導入が進んでいる。またマンションとして宅配ボックスの設備がない場合、もしくは戸建て向けにワイヤー固定タイプの個人用の宅配ボックスも存在する。しかしながら後述の理由もあり、個人用宅配ボックスについては利用が難しい場合や断られる場合もあるため購入には注意が求められる。

宅配ボックス - Wikipedia

 

かんたんな話、

荷物を預けるボックスのことです。

 

これを駅やコンビニに設置しよう!

ってことですね。

 

これで家が留守でも、荷物をすぐに受け取れる!

ってわけです。

 

政府は4月から、この設置費用の半額

補助金を出すというのが、今回の制度です。

 

これで配送の効率化を図り、

人手不足を解消するのが狙いです! 

 

 

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

これで解消できるかな?

 

2015年の小口荷物の輸送量は、

約37億個!

 

5年前から1割増加しております。

これはこれからも増えるでしょう。

 

一人暮らしは、もう珍しいものでもないですし、

共働きも、収入面から見たら当然に多いはずです。

 

故に、輸送量の2割は再配達にまわるそうです。

つまり、37億個 × 2割 = 7億4,000万個

 

それを配達している方は全体の従業員の1割

年9万人だそうです。

 

7億4,000万個 ÷ 9万人 ÷ 365日 = 約22個

1日当たり、1人22個は再配達されてるわけですね。

 

これが解消するというのは、

かなり大きそうですね!

 

何なら、人手不足どころか

人手過剰となり、人員を削減できればもっといい!

 

IoTで突如、リストラの流れとなるより、

ゆっくりとその波が来た方が一般的な日本人にはやさしい。

 

この制度、メリット受ける方も多し、

うまくいけばいいけどなぁ。

 

 

 

 

日経講読で経済・社会をチェックしましょ♪

www.nikkei.com

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

かんたんなセミナーやってます!

ごゆるりとご参加を♪

幸福の4の柱 ~仕事・お金・健康・精神~

 

帝王学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ