かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

オンライン診療を優遇! ICTで効率化を! 医療費は安くなるかなぁ~

IoTだのICTだの、色々あるんですね。

よくわからんですねぇ~

 

それを活かして、効率化をして、

将来の医療を変えよう!ってことです!

 

⇓健康は最良の投資!こんなイベントやりますよ♪

3分でわかる♪血管年齢・臓器・ストレス測定会

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

そもそもの“ICT”とは?

 

NTT先生によると、*1

 

ICTとは、

情報処理や通信に関連する技術、産業、設備、サービスなどの総称。

Information Technology = IT(インフォメーションテクノロジー)

 

これにコミュニケーションの意味合いを加えてようなものが、

『ICT』だそうです!

f:id:kyohei-yaa:20170414154623j:plain

これを“医療”に応用させて、

医療、介護を効率化させていくとのことです。

 

・遠隔のデータ収集によるオンライン診療

・介護支援の見守りセンサーの導入

 

2018年の診療・介護報酬の改定で、

これらの優遇措置を入れる予定みたいです!

 

これで遠隔地の人手不足など、

解消を狙っていくようです!

 

 

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

さぁ、どうなる?

 

つまり、確率させたいのは、

『遠隔診療』です!

 

そして、そこに付加価値を持たせて

診療報酬を上乗せする方針だそうです。

 

確かに、新たなサービスの提供ですから、

付加価値がついてもおかしくないですね。

 

ただ、結果として、

医療費は増えるのでは?とも、とれますよね?

 

ただ、ここで言っているのは、

例えば、糖尿病などの方から、

 

ICTにより、血圧・血糖を定期的に

データを受け取り、生活習慣の改善が図る!

 

要するに、その方の医療費の単価は高くなるが、

支払う総額は安くなる!ってことです。

 

そうなれば、医療費を抑えられますよね?

ってことのようですね。

 

確かに、その通り。私も賛同できます。

ただ、生活習慣の改善ができれば!

 

の話ですけどねぇ~

と、言うのも、最近、健康コンサルのお仕事をしていて、

 

日々思うこと。それは、

日本人は生活習慣を改善させてまで、

 

健康を欲しいとは思っていない!

如実に感じますね!ひしひしと!

 

メディアの影響もあり、日本人はなぜか、

健康はタダで、向こうからやってくるもの!

 

みたいな印象が強いみたいですね。

健康シンデレラ状態です。

 

そこの意識を変えないとどうなるか?

 

ICTで診療報酬の単価が高くなる

生活習慣の改善のコンサルをする

本人には、その気がまるでない

全く改善しないどころか、医者が口うるさいとすら思う

病状は改善・維持すらままならず、悪化…

 

こうなりかねないと思いますね。

そもそもの健康の意識を義務教育からでも、

 

変えていければなぁ~♪

まずは経済教育からやっていきます!

 

 

 

日経講読で経済・社会をチェックしましょ♪

www.nikkei.com

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

HP開設しました♪

⇓ご興味があれば、ご観覧を♪

tsuku2.jp

 

健康は最良の投資!こんなイベントやりますよ♪

3分でわかる♪血管年齢・臓器・ストレス測定会

ごゆるりと、ご参加を(^^♪

 

帝王学・統計心理学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ