読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かんたん経済♪お金のクマブログ

毎日たのしく♪ かんたんに♪ 経済についてつらつらと、綴っております!ご興味あれば、ごゆるりとっ♪

【スポンサーリンク】

日経で“クマブログ”の記事が! ついに特集が! えっ?違う?何?“クロマグロ”

日経を見ていると、なんと“クマブログ”の文字が!!

ついに、特集の記事でも?

 

はたまた、吊し上げの記事か? まぁ、いずれでもなく、

クロマグロの記事でした!!

 

⇓健康は最良の投資!こんなイベントやりますよ♪

3分でわかる♪血管年齢・臓器・ストレス測定会

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

クロマグロの規制?

 

 

 

 

 クマブログは全く関係なくて…

f:id:kyohei-yaa:20170321144842p:plain

記事になってたのはクロマグロの規制』について

 

 

クロマグロは予てから、

減少の一途をたどっている状態でした。

 

そこに対して、漁獲量の上限を

法的に儲けたという話。

 

関連する法令の改正の

閣議決定がされたのです。

 

今までは、実は法的拘束力がない、

自主規制でした…

 

適用は2018年1月からです。

ただ、この制限の措置は、

 

サンマなど、7魚種には

なんと導入済み!!

 

マグロさんだけ遅れていたんですね!

なんとも杜撰なのか、利権の問題なのか…

 

 

f:id:kyohei-yaa:20161109123754p:plain

 

現状って?

 

現在の状態は?というと、

水産庁のデータを一覧で!

f:id:kyohei-yaa:20170419163242p:plain

 

 参照:水産庁平成24年度 国際漁業資源の現況』

 

これは公益財団法人世界事前保護基金(WWF)

のまとめたデータ*1

 

この低位となっているマグロは

すべて脂の乗ったトロの多いマグロです!

 

要するに、刺身として消費されるマグロが

f:id:kyohei-yaa:20170419163823j:plain

かなりの減少傾向にあるということ。

 

一方、脂のすくないマグロ

そこまで悪い状態ではないのです。

 

そこで規制が必要というわけですね!

さらに、違法漁業、過剰漁獲もあるようで…

 

・中国船によるメバチの原産地偽装

・日本船によるミナミマグロの過剰漁獲

・台湾船によるメバチの原産地偽装

・地中海のクロマグロの違法漁獲

など問題は山積…

 

マグロの完全養殖が話題になる中、

まだ世間にある“マグロ養殖”は、

 

“養殖”ではなく、“蓄養”といわれるもの。

厳密には違います。

 

蓄養とは、海で獲ったマグロ

生簀で太らせるという方法。

 

つまり、乱獲の歯止めには

全くならず、意味はないのです。

 

他にも“混獲”の問題も…

混獲とは、

 

目的としない生物を獲ってしまう

ということで、

 

意図せず、マグロの稚魚を獲ってしまう…

なんてことが起こっているのです。

 

クマブログとクロマグロの違いのため、

今回、色々見てみましたが、

 

マグロは今後も経済的にも有用な商品。

絶滅すると大問題! 

 

これにて改善するといいですね♪

 

 

 

日経講読で経済・社会をチェックしましょ♪

www.nikkei.com

 

にほんブログ村 経済ブログへ

 

HP開設しました♪

⇓ご興味があれば、ご観覧を♪

tsuku2.jp

 

健康は最良の投資!こんなイベントやりますよ♪

3分でわかる♪血管年齢・臓器・ストレス測定会

ごゆるりと、ご参加を(^^♪

 

帝王学・統計心理学を使ったカウンセリングもやってます!

あなた、見透かされますよ!

コミュニケーション♪帝王のクマブログ

 

ファスティング日記も始めました!

ご興味ある方はご閲覧を♪

ファスティング日記♪健康のクマブログ