最も困る下水のトラブル!防ぐにはどうしたらよいか

生活で使用された水は排水管から排水溝に向かい、排水設備を経由して下水道本管に流れていく仕組みになっています。家庭内のあらゆる汚水を流す役割の排水管が詰まったり水漏れが起こったりすると、いろいろな問題が生じてきます。特に困るのがトイレで、流れが悪くなったり逆流したりといった事態を招くと非常に不衛生ですので、早急な解決が求められます。また排水管 水漏れは放置しておくと水道料金が上がってしまいますし、自宅のみならず近隣にも迷惑がかかるとさらに状況は悪くなってしまいます。変な水の音が聞こえたり悪臭が気になったりしたら水漏れしているおそれがありますので、どこから水が漏れているのか原因箇所を調べましょう。

■排水管の詰まりや水漏れが起きやすい箇所と原因

水のトラブルのなかでも最も厄介な排水管の詰まりや水漏れは、台所や洗面所のような屋内設備だけではなく屋外の排水口や下水など多岐にわたって発生します。排水管が詰まると水の流れが悪くなりやがて流れなくなると水漏れを起こすパターンが最も多く、原因は毛髪や異物などの蓄積による排水管内の汚れです。また衝撃などによる接続部のゆるみや、排水管本体の経年劣化によって水漏れを起こすケースもあります。排水管から水漏れするということは排水が逆流するということですから、下水が溢れて床上浸水のような状況になったら大惨事になってしまいますので要注意です。

■水漏れへの対処と日常生活での注意点

水漏れに気がついたら、まずは止水栓を閉めて水が流れない状態にしましょう。すぐに漏れた水をふき取り、水漏れが続いているのであればバケツなどを置いて水を受け止めるようにしてから水道修理業者に連絡をします。自分で直そうとするのはリスクが高すぎますので、プロの手に委ねるのが確実です。排水管は目につかない場所に設置されているので見過ごしがちですが、異物を流さないようにする工夫やパイプクリーナーでの洗浄など普段からできることもあります。また業者に定期点検を依頼すれば、汚れのチェックだけではなく劣化の発見にもつながります。備えあれば憂いなしですので、できる限り手を尽くしておけば大きな被害は免れます。

■まとめ
水のトラブルにもいろいろありますが、排水管のトラブルは発生すると大がかりな工事が必要になるほどの最悪の状況を招くおそれがあります。詰まりがきっかけで水漏れを引き起こすことが多いので、少しでも水の流れが悪いと感じたら大事に至らないうちに原因を探って対処しましょう。詰まらせないように日頃から工夫しておく姿勢も大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ