オムツによる水のトラブルが急増!自分で対処できる範囲は?

最近、小さなこどもや認知症のお年寄りが誤ってトイレにオムツを流して詰まらせてしまうという水のトラブルが増えています。オムツは異物のなかではかなりサイズが大きいほうですので、流してしまうと当然詰まってしまいます。そしてオムツには、吸水性ポリマーと呼ばれる吸水性高分子が使われていますので、水をどんどん吸い取りながら膨らみ続けて体積はさらに大きくなります。水を吸えば吸うほど膨らんでしまうので、流してしまうと詰まるのはもちろんのこと、あまりにも膨らむと排水管の損傷につながりかねません。間違いの起こらないよう対策を立てておくのが一番とはいえ、いざそのときがきたら落ち着いて対応することが肝心です。

■もしもオムツを流してしまったら?

オムツをトイレに落としてしまった場合でも、直後なら即取り出せば大丈夫です。もしも水を流したあとに気がついたとしても、まだ流れきれずに排水口から見えている状態であれば間に合いますので拾い出しましょう。オムツが見えなくなってしまっても、手を入れてみて届くようであれば引っぱり出してください。ただし手が届かない奥深くまで入ってしまったようなら、もう自力でどうにかするのは無理ですので諦めましょう。トイレ つまりにはラバーカップが効果的ですが、オムツの場合はかえって詰まりが悪化してしまいますので使わないほうがいいケースもあります。スピーディーに対処できれば事なきを得ますので、まずは冷静に状況判断に努めましょう。

■無理だと思ったら急いで業者に依頼

オムツが手の届かないくらい奥に入ってしまったら、即刻水道修理業者に連絡してください。オムツは構造上あっという間に水を吸って体積を増していくので、なるべく急いで業者に依頼しないと被害が拡大してしまいます。業者にお願いする場合は便器内の構造が複雑なこともあり、流れていった度合いによって料金などに違いが出てきます。排水口に近い位置に留まっている状態では道具を差し込んで比較的簡単に引っぱり出せますが、かなり奥に流れてしまうと便器を取り外して取り出すことになり、お金も時間も相当かかってしまいます。奥まで入り込んでしまったようであれば、逆に何もせずにそのままの状態で業者にバトンタッチするほうが結果的に被害を食い止められます。

■まとめ
トイレにオムツを詰まらせたら、まずはすぐに拾い上げるのを最優先にしましょう。誤って流してしまわないように予防対策を立てておくのに加えて、不測の事態に遭遇しても動揺せずに一刻も早く取り出すことに集中してください。便器から見えず手を入れても届かない状態にまでなってしまったら、自力での対処は諦めて水のトラブルに強い業者に連絡して助けてもらいましょう。大工事をするという事態になる前に、早め早めに行動する姿勢が求められます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ